前へ
次へ

下見をしてから賃貸マンションを借りよう

住まいは生活の基盤となる場所なので、しっかり下調べをして十分に納得がいく所に出会ってから借りることが大切です。気になる賃貸マンションがあって場所が近くなら、自分自身で足を運んでみるのがおすすめです。マンションの周りの環境や駅からの距離などがだいたい分かります。一人暮らしなら、コンビニやスーパー、コインランドリー、クリーニング屋さんなどはどこにあるかチェックしておきたいところです。また、昼と夜ではがらりと生活環境が変わる場所もあります。例えば昼は交通量が少ない道路でも夕方になると多くなったり、通学路が近いと朝早く子供の声がうるさかったりなどあるからです。下調べに行ったタイミングによって印象が違ってくる場合があるので、気になる賃貸マンションがあるならできれば昼と夕方ぐらい二回は行って確かめてみるのがおすすめです。賃貸マンションの部屋の中を下見したい場合、不動産に言えば空室を見せてくれます。室内の広さや間取り、眺望や匂い、コンセントの位置や数などをチェックできるチャンスです。廊下やエレベーターやエントランスなどの共有部分もチェックして、汚れていないか調べることである程度住民の質を確認できます。

Page Top